更新情報

【夏バター】鹿児島「白くま味」と秋田「生グソ味」が登場

日本には、暑い夏を“ひんやり”過ごす食の知恵がありました。

暑い夏を気持ちよく過ごすため、日本ではさまざまな工夫が生まれてきました。その中でも「食」で涼しく過ごす知恵にフォーカスして季節のご当地フレーバーを発掘するプロジェクトがスタートしました。

日本国内の各地で独自に生まれ進化した夏スイーツたち。その中でも現在ブームとなっているかき氷。そのご当地かき氷の元祖とも言える2種類のフレーバーである鹿児島の「白くま」と秋田の「生グソ」をバターに仕立てて夏をひんやり過ごす夏バターとして企画・開発しました。

■鹿児島「白くま味」
鹿児島生まれの全国区、大人気のかき氷
練乳をたっぷり練り込んだフレッシュバターにパイナップル、パパイア、マンゴー、キウイ、ストロベリー、メロンのドライフルーツを加えて白くまの濃厚なミルク感とフルーツのフレッシュ感を表現。さらにジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感をプラスしています。
パッケージにはかわいい白くまのイラスト。

■秋田「生グソ味」
秋田で愛されるご当地かき氷「生グレープフルーツソフト」
生のグレープフルーツ果肉入りシロップにソフトクリームをトッピングしたかき氷をバターで再現しました。フレッシュバターにグレープフルーツ果汁とソフトクリームを練り込み、ソフトクリームのミルク感とグレープフルーツの酸っぱい爽やか果汁感を表現。さらにジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感をプラスしています。
パッケージには生グソのイラスト。