original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【冷蔵】焦がしバターのプリン(2個入り)

¥1,300 税込

送料についてはこちら

  • 8月5日出荷

  • 8月6日出荷

  • 8月7日出荷

※ 2022年7月下旬 〜 2022年8月上旬 発送予定

<冷蔵発送テスト中> 他の冷蔵発送商品と同梱で発送可能です。 同梱可能な商品化下記リンクからご確認ください。 https://depa.stores.jp/?category_id=62d6a198dbe7443f7eaa3c9a 本商品の賞味期限は発送日から4日後となります。 お届けまでにかかる日数などを考慮してご注文ください。 ※商品が届きましたら冷蔵庫で十分に冷やしてからお召し上がりください。 ※プリン2個入りはミラーシートにお包みして箱には入っていません。 <商品説明> 焦がしバターを加えたプリンです。 めちゃくちゃなめらかです。 いやらしいんです。 どれくらいいやらしいかというと、舌の上に乗せるとしばらくじと〜っとしています。しばらくじと〜っとしているというのが分かりにくいと言われる向きもあろうと思いますが、プリンの美味しさを例えるとき「とろける〜!」「口の中で一瞬で無くなった〜!」とか言うけど、このプリンはお口の中でとろけないんです、でも硬いわけじゃない。舌の上に乗せて上顎に押し当てると「にゅっ」となる。この瞬間、プリンが形を失う瞬間に口内粘膜に触れる感触が最高に“いやらしい”んです。 プリンって老若男女が楽しめるものという前提で存在しているわけですが、日本人にとってのプリンのイメージはプッチンプリンかモロゾフに集約されます。さらっとしてて口溶けが良くて甘くてバニラの香りがして…要は日本人の好きなのは水溶性のプリンなんですよね。 ウチはとりあえずバター屋さんなのでやっぱバターが主役。バターが入ったプリンにしよう、なら焦がしバターだろ、バニラじゃなくて焦がしバターで卵のクセをマスキングしてやろう。という感じに開発がスタートしたんですが、これが難航して困ったことになって一時期ひたすらプリンを作り続けていましたね。 で、出来上がったのがこのプリン。 どうぞ。 内容量:80ml 特定原材料:卵・乳