{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

La Crème au beurre(クレーム・オ・ブール)バターサンド6個入

¥2,400

¥2,280 税込

5%OFF

送料についてはこちら

La Crème au beurre(クレーム・オ・ブール)とカスタードを練り合わせたCrème mousseline(クレーム・ムースリーヌ)を、サクサク食感と濃厚なバター感のサブレでサンドしたおフランス感バリバリのバターサンド。 横文字を使いたかっただけなんじゃないかと勘ぐられてもいい、そのとおりなんだ。これはバタークリームと呼んではいけない濃厚な甘みと高貴な香り、あくまでLa Crème au beurre(クレーム・オ・ブール)なんだ。 バター専門ブランドを何年もやってる中で、やっと日本人向けをガン無視した味を出す勇気が出たんだ。申し訳ない。コンビニやそのへんのケーキ屋さんで満足している人にはこのバターサンドはおすすめできない。このバターサンドを骨の髄まで味わうにはコツが要る。 まずは解凍だ。 このバターサンド、サブレもクリームも濃厚に作っているがその実とても軽く仕上げている。冷凍のままでもかじって味わうことができるんだが、温度が低いとコイツの恐ろしさに触れることはできないんだな。どういうことかというと、口内の温度でバターが溶ける瞬間を味のピークに設定しているから、冷たすぎるとあっさりし過ぎてしまうんだ。 でもまあ解凍はそんなに難しいことではない。食べる分だけ冷蔵庫に移して10分ほど置くだけだ。その間にコーヒーや紅茶を用意しておこう。温かい飲み物のほうが口内温度をあげられるからベストだ。 ちょうど飲み物の用意ができたぐらいでバターサンドを冷蔵庫から出してプレートに置く。ここからが重要だ。 まずは温かい飲み物を軽く一口、そのあとバターサンドを一口かじる。口内は飲み物で温められているからバターの香りが立ちやすい。クリームを舌で転がしてもいい、ねちっこく。そして温かい飲み物で口内のバターの余韻を流す。香りが広がる、最高だな。 そんなの待てないよと、すぐにバターサンドを食べる場合は深呼吸してみよう、室温でクリームがじわっと柔らかくなる時間を稼ぐためだ。そのまま一口かじってみてくれ、ゆっくりとクリームが舌に絡まるのを感じると思う。しかし、ここではまだバターの香りはしない。口内の温度が冷えているからだ。そこで、温かい飲み物を一口、あとは分かるな、温かい飲み物にバターが洗い流されてバターの香りが鼻腔に広がる。最高だな。 まあ、難しく書いたが、みんな適当に勝手に食ってくれ。食べ方なんてどうでもいい。食は人間に与えられた数少ない「自由」なんだから。 そうだ、コイツにはゲランドの塩を少し効かせてみた。ほんの少しだがコイツが絶妙に旨味を引き出してくれる。存分に楽しんで。 天然で自然な味なので、コンビニとか若者向けのファストフードやスタバで飲み食いしている人には不向きなデリケートなチューンだからオススメしない。まあ、大人の味というところ。 サブレはリニューアルしたバター感の強いサクッと軽い食感のサブレ、今までのサブレとはかなり設計を変えた。ただ、クリームのフレーバーを損なわないように焦がしバターの代わりに発酵バターを増やした。ミルク感もよく出ている。 特定原材料:乳成分・小麦・卵

セール中のアイテム